タンザニア・南アフリカなどのアフリカ旅行をプロデュースする「リゾートアンドサファリ」

リゾートアンドサファリ 株式会社

  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求
  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求

国立公園とロッジのご紹介詳細

タランギーレ国立公園~アフリカの国立公園とロッジ~

バオバブの木が動物たちの絶好の隠れ家に?

「バオバブと象の国立公園」。
樹齢数百年から数千年と言われるバオバブの木々。そして、それを縫うようにして流れるタランギーレ川に集まる数十頭もの象の群れ。タランギーレ国立公園は、その独特の景観から、別名をそう呼ばれています。
アントワーヌ・ド・サン=テグジュペリの小説「星の王子さま」で、バオバブは星を破壊する巨木として描かれています。 まるで空を掴むように枝を広げ、大きくアンバランスなその姿形は、巨人が根っこから引き抜いて逆さまに突き刺した悪魔の木、という伝説を生みました。
ところが実際には、バオバブは水分や栄養分に富み、動物たちに命を与える豊かな木なのです。
「バオバブは小さな木じゃない、教会堂のように大きな木だ、王子さまがゾウの一部隊をつれていっても、たった一本のバオバブの木も食べきれない」 「おーい、みんな、バオバブに気をつけるんだぞ!」 バオバブと象にまつわる様々な説話を胸に、タランギーレならではの景色を楽しんでいただけます。
きっと日本に帰国されても、この不思議なタランギレの情景が焼きついて離れない思い出となることでしょう。

広さ
2,850平方km(1,100平方マイル)
場所
アルーシャの南東118km
交通
過ごし方
ベストシーズン