タンザニア・南アフリカなどのアフリカ旅行をプロデュースする「リゾートアンドサファリ」

リゾートアンドサファリ 株式会社

  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求
  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求

国立公園とロッジのご紹介詳細

マサイマラ国立保護区~アフリカの国立公園とロッジ~

一年を通じてサファリを楽しめる野性動物の宝庫

マサイマラ国立保護区ケニア南西部に位置し肉食獣・草食獣ともに、生息する種類数・個体数の豊富さでケニア随一です。
生息する主な野生動物としてはシマウマ、ガゼル、アフリカゾウ、キリン、バッファロー、ヌーなどの草食動物から、ライオン、チーター、ハイエナ、ヒョウ、ジャッカルなどの肉食動物まで幅広く生息しています。特に毎年7月~10月にかけて見られるヌーの大移動は有名です。

乾季と雨季はそれぞれ2つあります。
乾季:12~2月頃、6~10月頃
雨季:3~5月頃、11月頃
一般的には乾季がベストシーズンとされていますが、雨季でも雨が降るのは週に数回、夜から朝にかけて降ることが多いためマサイマラ国立保護区では一年を通じてサファリを楽しめます。

広さ
1,510平方km
場所
ケニア南西部、タンザニアとの国境沿い
交通
過ごし方
ベストシーズン