タンザニア・南アフリカなどのアフリカ旅行をプロデュースする「リゾートアンドサファリ」

リゾートアンドサファリ 株式会社

  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求
  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求

動物のご紹介詳細

オオミミギツネ Bat-Eared Fox BWEHA-MASIGIO(スワヒリ)

特長

英名の「コウモリの耳を持つキツネ」のとおり12~13㎝もある大きな耳が特徴です。 この大きな耳は酷暑のなか体熱を発散させるのに役立っているといわれています。 「キツネ」と呼ばれていますが「タヌキ」の仲間との説もあるようです。 アフリカ東部、南部の乾燥した草原地帯に棲息しています。 どちらかというと夜行性で単独かつがい、あるいは家族単位で行動します。 果実など植物も食べますが主としてシロアリや昆虫を好みまた糞虫を求めヌーやシマウマの群の近くにも現れます。

生息する代表的な国立公園および動物保護区

そのほかの動物達

一覧へ戻る