タンザニア・南アフリカなどのアフリカ旅行をプロデュースする「リゾートアンドサファリ」

リゾートアンドサファリ 株式会社

  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求
  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求

観光スポットのご案内

アフリカ旅行の定番&おすすめスポット

アフリカ旅行の定番&おすすめスポット

野生動物との出会いを楽しんだり、大自然の絶景に感動したり、異文化を体験したりと、アフリカ観光の醍醐味は実にさまざま! どんなプランがよいか迷ってしまうほど。そこで数あるアフリカ観光のうち、ココだけは押さえておきたい定番スポットや今注目のエリアを紹介します

チョベ国立公園(ボツワナ)

ボツワナで2番目に大きな国立公園であるチョベ国立公園は、ゾウの楽園としても名高く、ビクトリアの滝に近いこともあり、年間を通して多くの旅行者が訪れる一大観光エリアとなっています。また北東部を流域とするチョベ川は公園の「顔」とも言える存在で、リバーフロントと呼ばれる周辺エリアにはゾウだけでなく、さまざまな野生動物が数多く生息しています。

ナミブ砂漠(ナミビア)

北はアンゴラとの国境付近から南は南アフリカ共和国北端までの1288kmに及び、約5万平方kmという広大な領域を誇るナミブ砂漠。約8000万年前に起源を持つという、世界最大級、世界最古の砂漠として知られています。ちなみにナミブとは現地の言葉で「何もない」という意味。まさに茜色をした砂のほかに何もない茫漠とした風景ですが、見る者すべてを圧倒し感動を与える景観こそ、この砂漠の魅力です。

ビクトリアの滝(ジンバブエ)

ビクトリアの滝(ジンバブエ)

ジンバブエとザンビアの国境にあるビクトリアの滝は、世界三大瀑布のひとつとして知られ、ユネスコの世界遺産に登録されている一大景勝地。定番のヘリコプター観光を利用すれば、かつて現地で「雷鳴轟く水煙」と讃えられたその雄大な水しぶきと、アフリカが誇る絶景を間近に見ることができます。

キリマンジャロ(タンザニア)

キリマンジャロ(タンザニア)

標高5895m、アフリカ大陸の最高峰であり、山脈に属さない独立峰としては世界一の高さを誇るキリマンジャロ。赤道直下のタンザニア北東部にありながら、一年中、冠雪し氷河をたたえる美しいその頂が訪れる人の心を捉えて離しません。現地スワヒリ語で「輝く丘」と呼ばれるキリマンジャロですが、まさにその名にふさわしい景観です。

マサイ(ボマ)村(タンザニア)

独自の文化を持ち、カラフルな衣装とアクセサリーを身に纏うマサイ族は、ケニア南部からタンザニア北部一帯に暮らすアフリカの先住民。大自然の中でたくましく生きてきた彼らとの出会いは、訪れる者にとって貴重な異文化体験となるでしょう。ンゴロンゴロ自然保護区がメジャーですが、それだけに観光客も多く出会いのチャンスが限られることも。時間に余裕があれば穴場とも言えるアルーシャ近郊の村を訪れてみましょう。

ケープタウン(南アフリカ)

マサイ(ボマ)村(タンザニア)

大陸の最南端にありながら、世界に誇る国際都市として発展を続けている南アフリカ。なかでも米英のメディアで、世界一の観光地という評価を受けたケープタウンは、大都市でありながら、雄大なアフリカの自然と隣合わせという希少なロケーションで多くの観光客を虜にしています。その魅力を堪能するなら、大西洋とインド洋の分岐点である喜望峰を中心としたエリアを押さえておきましょう。またウォーターフロントと呼ばれる市街地は、ショッピングセンターやレストラン、ホテルが立ち並び、多くの観光客で賑わう場所となっています。

ブルートレイン(南アフリカ)

ギネス認定の世界一豪華な列車。かつてのヨーロッパ王室を象徴するロイヤルブルーに彩られた18両の車輌が美しい、その名もブルートレインは、世界最高ランクの設備とサービス、ホスピタリティを誇る「走る三ツ星ホテル」。車窓に広がる南アフリカの景観を満喫しながら、極上の時間を過ごせます。

レセディ文化村(南アフリカ)

南アフリカのレセディ文化村はヨハネスブルク郊外のハートビースポートにある野外博物館。ここでは国を代表する4部族(ズールー族・ソト族・コーサ族・ペディ族)の暮らしや文化、歴史を紹介しています。また文化村ではこの4部族が実際に生活していて、伝統的な住居や暮らしぶり、ダンスなどの民俗芸能を見たり、参加体験したりすることもできます。

喜望峰(南アフリカ)

プタウンの南約50kmにある喜望峰は南アフリカ観光の目玉とも言えるスポットで、岬の先から広がる壮大な景観がとくに美しいと人気です。ちなみに、一般にアフリカ大陸最南端と言われることの多い喜望峰ですが、実際にはその東南東に位置するアグレス岬が地理上の最南端です。

テーブルマウンテン(南アフリカ)

テーブルマウンテン(南アフリカ)

一般に、地盤の軟らかい部分が風雨で削り取られ、固い岩盤だけが台形状に残った山をテーブルマウンテンと呼びますが、世界でもっとも有名なものが南アフリカのテーブルマウンテン。山全体が国立公園に指定されており、約1500種類もの植物や小動物が生息しています。

ナマクアランド(南アフリカ)

南アフリカは北ケープ州、ナミビアとの国境地帯に広がるナマクアランドは、通常は、樹木はおろか草もほとんど生えることのない乾燥地帯ですが、8月になると4000種類以上の花々が大地を一斉に覆い尽くします。その貴重な美しさは、「神々の花園」と称されるほど。