タンザニア・南アフリカなどのアフリカ旅行をプロデュースする「リゾートアンドサファリ」

リゾートアンドサファリ 株式会社

  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求
  • 03-3547-3181
  • お問い合わせ・資料請求

アフリカの基礎知識

アフリカ旅行の魅力と各国情報

赤道を挟んで北半球と南半球にまたがるアフリカ大陸。50を超える国や地域からなり、雄大な自然の景観はもちろん、野生動物に出会えるスポットも数多く点在。人類発祥の地としても知られ、古の王朝文化を偲ばせる遺跡群も豊富に残り、ミステリアスな魅力にもあふれています。

アフリカの基本情報

ケニア共和国

国の至るところに国立公園や保護区があり、多くの野生動物に出会えることでも知られるケニア。首都ナイロビは、マサイ族の言葉で「冷たい水」を意味する言葉が語源ということもあり、きれい水に恵まれている点も魅力です。南東部はインド洋にも接しており、マリンディは美しいビーチやサンゴ礁でも有名。

閉じる

タンザニア連合共和国

大陸最高峰のキリマンジャロ山やアフリカ最大の湖・ビクトリア湖、大陸一の深度を誇るタンガニーカ湖など、雄大な自然美を誇るタンザニア。日本の約2.5倍の国土を持つ、東アフリカ最大の国。野生動物の宝庫であるセレンゲティ国立公園や魅惑的なビーチリゾートが広がるザンジバルなど、人気のスポットが多数点在しています。

閉じる

ザンビア共和国

世界遺産の大瀑布・ビクトリアの滝で有名なザンビアには、19の国立公園と23の動物保護区があり、大陸で見られるほとんどの野生動物に出会えます。そのほかシタツンガやレッド・レチェなど希少動物のサンクチュアリとしても有名。またザンビアはアフリカで最も平和な国とも言われています。

閉じる

ナミビア共和国

アフリカ南西部の国、ナミビアの魅力はなんといっても手つかずの大自然。砂漠・野生動物・渓谷・海など、どれをとってもドラマチックな景観を誇り、圧倒的な印象を見る者に与えます。日本人にはまだ馴染みがない国ではあるものの、その雄大な自然に惹かれ、ヨーロッパからは多くの観光客が訪れています。

閉じる

ボツワナ共和国

大陸南部の内陸に位置するボツワナは、ダイヤモンドの採掘で有名な国。南西部にはカラハリ砂漠、北部には動植物の楽園であるオカバンゴ・デルタやチョベ国立公園など、雄大な自然が広がります。大自然の下、野生動物を間近に見ることができる、豪華サファリロッジで極上の休日を味わってはいかがでしょう。

閉じる

ジンバブエ共和国

雄大な自然と観光資源に恵まれた国であるジンバブエは、野生動物の宝庫、ワンゲ国立公園や世界有数の名瀑布、ビクトリアの滝で有名。また、古代文明の面影を今に残す石造りの遺跡グレート・ジンバブエなどもよく知られています。伝統的な音楽やダンス、ジンバブエ・アートと呼ばれる手作りの工芸品も魅力的です。

閉じる

南アフリカ共和国

アフリカ大陸の最南端に位置し、東はインド洋、西は大西洋に面した南アフリカは、ケープタウンや喜望峰、ロベン島、ボルダーズビーチなど海岸線に沿って観光地が点在。また、内陸には有名なクルーガー国立公園をはじめ自然保護区も多く、多くの野生動物にも出会えます。一方、都市部は近代的な印象を持ち合わせています。

閉じる

アフリカの気候と現地でおすすめの服装

アフリカの気候と現地でおすすめの服装

東西南北に広大な領域を持つアフリカ。それだけに緯度の違いや沿岸部と内陸部の違いで気候もベストシーズンも異なります。また一日の寒暖の差が大きいエリアがあったり、年中雨ばかり降る地域があると思えば、ほとんど雨が振らない砂漠地帯があったりと、その地域によって、ガラリと気候が変わるので服装などはとくに注意が必要です。

半袖Tシャツや長袖のカットソーなどのトップスに、フリースやブルゾンなどのアウターを加え、最低でも4段構えで着込める用意をしておきたいもの。また、現地が冬にあたる場合や、高地を目指す場合は、厚手なヤッケやパーカーを用意したほうがよいでしょう。

砂漠からの砂埃を避けるために、バンダナを持参するのも忘れずに。なお靴は履きなれたスニーカーがベスト。フォーマルな洋服を着用する機会はそれほど多くはありませんが、豪華ロッジのディナーではさすがにサンダルや短パンは控えましょう。ただし女性ならTシャツにジーンズでも大丈夫です。

アフリカの治安について

アフリカの治安について

一口にアフリカといっても、国や地域によって政情や治安に大きな差があります。だからといってアフリカ旅行は危険と短絡的に決めつけるのは早計ですが、大都市には治安が良くない地域があるのも確か。そうしたエリアでは決して、単独行動はしない、人目につきやすい場所を選んで行動する、見知らぬ人間に声をかけられても相手にしない、貴重品は持ち歩かないなどの基本を守り、常に周囲に気を配りましょう。

アフリカ旅行を安全に楽しむなら、現地に詳しい旅行会社から正しい情報を入手することが肝心。海外旅行やアフリカ旅行に慣れているからといって、過信するのは危険です。やはり信頼できる旅行会社のツアープランなどを利用して、旅行を楽しむのが最もリスクを抑えることにつながります。